女の人

シミはレーザー治療で取り除こう|俯向かないでいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

整形をしたい方へ

バスト

手術の注意点

バストを大きくする豊胸手術をする上で注意したいのが手術をしたあとのメンテナンスです。バッグプロテーゼ挿入の場合、豊胸用のインプラントであるシリコンバッグや生理食塩水バッグを、バストに入れることになります。バッグプロテーゼによる豊胸手術の場合、耐久性が弱いとメンテナンスが必要になります。だいたい10年〜20年に一回の割合で豊胸用インプラントを取り換えるのが理想的です。自分自身の脂肪を入れる脂肪注入法は、基本的にメンテナンスが不要です。しかし、マッサージをしっかりしないと石灰化するリスクがあります。硬くなったり、見た目が不自然になったりすることがあるので、マッサージをして柔らかくしておくことが大切です。

バストの美容整形の種類

バストを大きくしたり、ハリを出したりするのが豊胸手術です。豊胸手術には、バッグプロテーゼ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注射法の三つの方法があります。バッグプロテーゼ挿入法は昔から行われている豊胸手術です。シリコンや生理食塩水を入れるだけで理想通りのバストの大きさになります。脂肪注入法では自分自身の脂肪を注入します。バッグプロテーゼ挿入法よりもナチュラルな仕上がりになります。生着率を高めるために、なるべく純度が高い脂肪を入れる必要があります。ヒアルロン酸による豊胸手術はプチ整形のひとつです。注射を打つだけでバストが大きくなります。ヒアルロン酸による豊胸手術は長期間の効果はありませんが、一時的にバストを大きくしたい人にお勧めです。